ミシンもだいぶ進化していますね!

実家の母がミシンが壊れちゃって、今買うならどんなのが良いの?と聞かれ
ネットで調べてみました。

ミシンもだいぶ進化していて、ジーパンの裾上げなんかもできちゃうらしいですね。

家の母は袋物とバッグを作るのが趣味なんです。
時々、フリマに出店するのですが、売れるらしくてなかなかの腕です。

ハンドメイドのバッグの作り方は、まずは型紙を作ります。
型紙は市販されているものもあります。
好きな形のバッグの型紙を作ります。
その大きさに合わせて材料をカットします。
どんな材質のバッグを作りたいかによって材料は変わってきます。
布、ビニール素材などいろいろな材質でバッグを作ることができます。

次にカットした材料をミシンで縫い合わせます。
内ポケットをつけたり、オリジナルならではの工夫を加えて使いやすいバッグを作ります。
トートバッグの場合は底板を入れることによってしっかりとしたものになります。
ハンドメイドのバッグの作り方では、持ち手のつけ方を工夫しなければなりません。
バッグと同じ材質で作るのか、全く違う材質を組み合わせるのか、好みによって選ぶと良いでしょう。
そして、持ち手は外れてしまわないように頑丈に縫い付けるようにします。
バッグの形だけではなく、飾りも工夫するとより楽しいですね。
レースを飾り付けるなど、工夫することができます。
飾り付け用のレースなどの素材も手芸品店で扱われています。
ハンドメイドのバッグを作る際に、余った布の使い方も工夫できます。

ミシンさえしっかりした厚地が縫えるものさえ選べば大丈夫です。よく読まれてるサイト>>>>>ミシンのおすすめで高齢者向きはこれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です